電気料金を抑えられる自動制御を利用しよう

男の人

電気料金を削減

男の人

電気料金の仕組みとして契約電力と使用量によって決まります。日本での契約の仕組みとしては契約電力によって決まりますが、この契約電力を設定するさいには最大デマンド値によって決まります。最大デマンド値とは30分ごとに計測された電気の使用量のことであり、この契約電力に余裕を持たせることで、それだけ負荷なく利用することができますし、使用量をオーバーしたさいのペナルティも最小限にすることができます。一方で継続的に電力を消費する機械を用いなければ定期的に電力使用を停止することでデマンド値を下げるといったことが可能で電力料金を下げることができますが、それらを達成するために取り付けられる装置がデマンド自動制御や電子ブレーカーと呼ばれるものです。

電子ブレーカーでは、消費している電力量を監視するのが目的になり、監視状況に応じて電力の消費量を抑えるといった作業を行わなければいけませんが、デマンド自動制御では自動制御で電力の消費量をコントロールすることによって最大デマンド値を抑えることができます。例えば集中型の空調機や冷凍機などは絶えず動かしていなければならないようなイメージがありますが、一度下がった温度は上昇するまでに時間が掛かりますから、定期的に停止することで最大デマンド値を下げることができます。特にデマンド値は30分に1回計測されるものであり、その間に数分間停止するだけでも、十分なデマンド値の引き下げの効果を得られます。一方で自動制御では、停止する機械に対して、ダメージや負荷を与えないようにするものを選ばなければなりません。

イスとテーブル

集客に影響する店舗の印象

お店の営業にとって大事なのは店舗デザインです。新規に開店する場合も、改装する場合も集客に影響を与えます。改装する場合は前のお店のイメージを残すことがポイントです。そのためには店舗デザインの経験が豊富な設計事務所を選びます。3D映像によるパースで提案してもらえば、具体的にイメージしやすくなります。

女性

電気を選んで買う時代

PPSは2000年の電力自由化によって誕生した、新しい電気事業者です。当初は大口需要家に利用が限られていましたが、現在では一般家庭や個人商店なども契約可能です。使い方次第では既存の大手電力会社より電気料金が割安になる場合があります。